ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です
印刷 - 土砂災害防止法に基づく警戒区域について

土砂災害防止法に基づく警戒区域について

土砂災害防止法とは 
~土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律~

 土砂災害から国民の生命を守るため、土砂災害のおそれのある区域について危険の周知、警戒避難態勢の整備、住宅等の新規立地の抑制、既存住宅の移転促進等のソフト対策を推進しようとするものです。

 土砂災害の種類について
 
土砂災害は、一般に「急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)」、「土石流」、「地すべり」の三種類に分類されます。
  ●急傾斜地の崩壊  傾斜度が30度以上である土地が崩壊する現象
  ●土石流      山腹が崩壊して生じた土石等又は渓流の土石等が水と一体となって流下する自然現象
  ●地すべり     土地の一部が地下水等に起因してすべる現象又はこれに伴って移動する現象

 外部リンク

 ・土砂災害防止法について(岩手県HP)
 ・土砂災害防止法の概要(国土交通省HP)

 

土砂災害警戒区域の指定について

 岩手県の調査によると、西和賀町には現在200箇所の土砂災害危険個所があります。
 この土砂災害危険箇所のうち、土砂災害警戒区域等における土砂災害防止法対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号「土砂災害防止法」)に基づき、岩手県では基礎調査を行い、土砂災害警戒区域(イエローゾーン)及び土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)の指定を次のとおり行っております。

西和賀町土砂災害警戒区域等の指定状況
最新指定日 平成27年7月17日)

    
 
土石流 急傾斜地の崩壊
警戒区域 うち特別警戒区域 警戒区域 うち特別警戒区域
湯田地区 49 43 62 62
沢内地区 21 19 17 17
合 計 70 62 79 79

 

 詳細については、下記外部リンクより確認できる他、岩手県県土整備部砂防災害課及び県南広域振興局土木部北上土木センター並びに西和賀町役場建設課において閲覧出来ますので、お気軽にお申し付けください。

外部リンク

 ・岩手県土砂災害危険箇所数一覧(岩手県HP)
 ・岩手県土砂災害危険箇所箇所図(岩手県HP)
 ・土砂災害警戒区域等の指定状況(市町村毎:平成28年3月18日時点)(岩手県HP)
 ・土砂災害警戒区域等の指定・基礎調査結果公表状況(岩手県HP)

 

警戒避難体制の整備

 土砂災害による人的被害を防止するためには、住居や職場、普段利用する施設のある土地が土砂災害の危険性がある区域かどうか、緊急時にはどのような避難を行うべきか、といった情報が住民の方々に正しく伝達されていることが大切です。このため、町長は市町村地域防災計画(総務課作成)に基づいて区域ごとの特色を踏まえた土砂災害に関する情報の伝達方法、土砂災害のおそれがある場合の避難地に関する事項及びその他円滑な警戒避難に必要な情報を住民に周知させるよう努めることとなっています。
 町から、避難勧告や避難指示などの避難に関する情報が発表されたときは、速やかに避難場所へ避難してください。また異変や身の危険を感じた場合は、避難に関する情報を待たずに自主的に避難してください。

 外部リンク

 ・西和賀町避難勧告等の発令判断基準(総務課)
 ・西和賀町防災マップ(総務課)
 ・避難場所(総務課)

 ・
岩手県土砂災害警戒情報システム(岩手県HP)
 

   印刷 - 土砂災害防止法に基づく警戒区域について  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

西和賀町役場

湯田庁舎 〒029-5512 岩手県和賀郡西和賀町川尻40地割40番地71    電話番号 0197-82-2111(代表) FAX番号 0197-82-3111

沢内庁舎 029-5692 岩手県和賀郡西和賀町沢内字太田2地割81番地1 電話番号 0197-85-2111(代表) FAX番号 0197-85-2119 

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる