平成25年5月31日に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)」が交付され、日本国内の市町村に住民登録のある全ての方に個人番号(マイナンバー)を付番し、同一人であることを確認するための「社会保障・税番号制度」が創設されることとなりました。

 マイナンバーは、公平・公正な社会の実現や行政手続きの利便性の向上、行政事務の効率化を図るための社会基盤となる番号です。

 全国の自治体が行う行政事務に深く関わりがあるため、西和賀町においても、法律の定めに従い、マイナンバーの通知に向けた準備を進めております。