平成31年度 保育所(園)の入所(新規・継続)申込受付を開始します。

来年4月から、保育所(園)に入所を希望する(在園児の継続を含む)児童の申込み受付を開始します。

※保育所(園)は、保護者が働いていたり、病気などにより家庭で保育ができない児童を保育する児童福祉施設ですので、要件に該当しない場合は入所できません。

 申込書配布機関および場所

平成30年11月1日(木)から

※町内保育所(園)、教育委員会学務課(沢内庁舎)、税務課(湯田庁舎)で配布します。

 申込受付期間

●平成31年4月入所を希望される場合

 平成30年11月1日(木)から11月30日(金)

●平成31年5月以降の入所を希望される場合

 希望する月の1ヶ月前までに申請してください。

 申込受付窓口

●学務課、税務課窓口 午前8時30分から午後5時(土日祝日を除く)

●各保育所(園) 各施設が開所している時間内(午前7時30分から午後6時30分)

■支給認定制度について

子ども・子育て支援新制度の施行に伴い、幼稚園、保育所(園)、認定こども園等の利用を希望する方は、支給認定を受ける必要があります。支給認定を受けないと、各施設の利用ができませんので支給認定の申請をする必要があります。

①支給認定の種類

支給認定の種類

支給認定区分

対 象 利用できる施設・事業
 1号認定

 満3歳以上の就学前の子どもで教育のみ希望 (2号認定を除く) 

認定こども園の教育部分(※1)

幼稚園(※2)

2号認定

満3歳以上で保護者の労働や疾病等により、保育

を必要とする子ども

認定こども園の保育部分(※3)

保育所

3号認定

満3歳未満で保護者の労働や疾病等により、保育

を必要とする子ども

認定こども園、保育所

小規模保育(※4)、

事業所内保育(※5)

※1、2、3、4、5について、現在、西和賀町に該当する施設はありません。

②保育の必要量に応じた区分

2号認定又は3号認定を受ける方は、保育の必要量によって「保育標準時間(11時間保育)」又は「保育短時間(8時間保育)」に区分されます。

③保育標準時間と保育短時間

1号認定は年齢要件を満たせば認定されますが、2号認定、3号認定の場合、お子さんの年齢と保育が必要な状況により、2号認定、3号認定に区分されたうえで、保護者の就労時間により、「保育標準時間」または「保育短時間」に区分されます。

●保育標準時間:施設利用可能時間 11時間/日

        保護者が両親とも120時間以上/月の就労の場合

●保育短時間:施設利用可能時間 8時間/日

       保護者の両方またはどちらかが、48時間以上120時間未満/月の就労の場合

④支給認定証とは

保護者の方の状況によりその子どもに保育の必要があるかどうかを3つの認定区分に分けて支給認定証を通知します。支給認定の申請がされた場合、内容を審査し支給認定を決定します。決定後は、支給認定証を発行します。

⑤支給認定証の有効期限

認定区分       有効期間
1号認定(満3歳以上)       小学校に就学するまでの期間
2号認定(満3歳以上) 小学校に就学するまでの期間
3号認定(満3歳未満) 満3歳になる日の前日までの期間

■入所の条件(保育を必要とする事由)

入所できる児童は、その家庭で次の事情でお子さんを保育できない場合です。

1:保護者が居宅外で仕事をしている場合

2:保護者が居宅内で児童と離れて日常の家事以外の仕事をしている場合

3:保護者が妊娠中又は出産後間がない場合、又は病気、心身障害者などの場合

4:保護者が病人や身体障害者(児)である同居の親族を常時介護している場合

5:保護者が震災、風水害、火災などの災害の復旧に当たっている場合

6  : 保護者が求職活動(起業準備も含む)を行っている

7  : 保護者が就学又は、職業訓練を行っている

8  : 児童虐待により、保育困難であると町が認めた場合

9  : 保護者の育児休業に係る子ども以外の小学校就学前の子どもが、既に保育所(園)を利用していて、保護者の育児休業中も引き続き利用することが必要と認められた場合

 ■保育所(園)

施  設  名

所  在  地

電話番号

西和賀町立川舟保育所

西和賀町沢内字川舟35地割14番地

85-2536

西和賀町立せんだん保育所

西和賀町沢内字猿橋38地割16番地5

85-3180

西和賀町立新町保育所

西和賀町沢内字新町4地割3番地5

85-2235

社会福祉法人にしわが愛児会 湯本保育園

西和賀町湯本30地割61番地

84-2510

社会福祉法人にしわが愛児会 川尻保育園

西和賀町川尻40地割40番地199

82-2107

◆湯本保育園のホームページはこちらから yumotohoikuen.hiho.jp/ 

◆川尻保育園のホームページはこちらからkawashirihoikuen.pw/

■保育所(園)の定員と開所時間

 

施  設  名 入所定員

保育所(園)開所時間

西和賀町立川舟保育所

45名 午前7時30分から午後6時30分まで

西和賀町立せんだん保育所

45名 午前7時30分から午後6時30分まで

西和賀町立新町保育所

45名 午前7時30分から午後6時30分まで
社会福祉法人にしわが愛児会 湯本保育園 45名 午前7時30分から午後6時3 0分まで
社会福祉法人にしわが愛児会 川尻保育園 35名 午前7時30分から午後6時30分まで

■保育料

①利用負担金(保育料)算定方法について

保育料は入所児童の年齢と世帯にかかる町民税額の「均等割額」および「所得割額」をもとに利用料を計算します。

保育料についてはこちらのページをご覧ください。保育料基準額表(2号・3号認定) [129KB rtfファイル]  

②利用者負担(保育料)の年度切り替えの時期が変わります。 

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

平成30年度(平成29年中)の町民税を基に保育料を算定

平成31年度(平成30年中)の町民税を基に保育料を算定

9月に保育料を変更)

 

保育所入所児童3人目以降の保育料免除

西和賀町では、「西和賀町保育所入所児童3人目以降保育料免除事業実施要綱」に基づき、西和賀町に住民登録している保護者が現に扶養している児童が戸籍上3人目以降の保育料は、申請により免除されます。

●  免除を受けるために必要な書類は次のとおりです。

保育所入所児童3人目以降保育料免除申請書 [41KB rtfファイル] 

②保護者が扶養しているお子さん人数が確認できる住民票又は戸籍の謄本

③保護者が扶養している子が18歳を超えて学生である場合については在学証明書並びにその他必要な書類

 

■    一時的保育(公立保育所のみ)

一時的保育とは、保護者が労働、職業訓練、就学等の理由により、家庭における保育ができない時に一時的に保育所で保育することをいいます。

<対象児童>

●西和賀町に住所がある児童のうち、保育所入所の対象とならない児童で、次に該当する児童です。

①保護者の傷病、災害、事故、出産、介護、冠婚葬祭、社会文化活動等の理由により、緊急又は一時的に家庭での保育が困難となる場合。

②保護者の労働、職業訓練、就学等の理由により、原則として平均週3日を限度として継続的に家庭での保育が困難な場合。

 

受付窓口 西和賀町教育委員会 学務課
必要書類

入所申込書一時的保育実施保育所入所申込書 [56KB rtfファイル] 

(申込書は沢内庁舎 教育員会学務課及び湯田庁舎 税務課窓口に備えております)

受入保育所 西和賀町立せんだん保育所
利用できる日

保育所の開所日

開所時間は午前7時30分から午後6時30分までです

  ■利用料
種別 単位 利用負担額
    3歳未満児 3歳以上児
保育 1時間以内 300円 200円
昼食 1食 150円 100円
おやつ 1食 100円 100円

 

 ■入所申込に必要な書類

【お勤めの方、自営・農業の方、内職の場合】

保育施設入所申込書 [304KB rtfファイル]    (入所申込児童1人につき1枚)

就労(就労内定)証明書 [180KB rtfファイル]

家庭状況調査書 [34KB xlsxファイル] 

アレルギー事前調査票 [28KB docファイル] 

【疾病等がある場合は上記の他に次の書類も提出が必要です】

・疾病のある方 診断書 [16KB docxファイル]

・心身障がい者 身体障害者手帳(写)

・病人等の介護 介護・看護状況申告書 [17KB docxファイル]

・出産の前後  母子健康手帳(写)