ごみの収集について

 西和賀町で発生する「燃えるごみ」は、岩手中部広域行政組合(西和賀町、北上市、花巻市、遠野市で構成)が設置する岩手中部クリーンセンターで合同で焼却しています。

 ごみの分け方のルールは、3つの市と西和賀町で同じ内容にしています。ご協力をお願いします。

 

 岩手中部広域行政組の構成市町(西和賀町、北上市、花巻市、遠野市)で取扱いの異なっていた「ごみの分け方」(ごみ質)を統一します。

(平成27年10月から)

 ・バケツ等硬質プラスチック・CD・DVD

   (硬質プラスチックとは・・・衣装ケース、植木鉢、桶、お風呂の蓋、タッパ、定規 など「容器包装以外」の硬いプラスチックです)

  変更前:燃えないごみ  変更後:燃えるごみ 燃えるごみの指定袋に入れて出してください。

 ・小動物 80cm×60cm×60cm 以内の箱(段ボール、木、プラスチックケースも可)に入れて出してください。 

○燃えるごみの粗大ごみについて 

 「粗大ごみ」とは、指定ごみ袋に入らない大きさのものをいいます。

 燃えるごみの粗大ごみは、岩手中部クリーンセンター直接投入寸法 80cm×60cm以内(重ねる場合は高さ60cm以内にして、ひもで縛る)としてください。

 ステーション収集・沢内清掃センターへの直接搬入の際は、この大きさとなるようご協力をお願いします。

 例えば・・・  布団(毛布、タオルケット、バスタオル等も同様)、木製やプラスチック製で金属部分がない家具類

  80cm×60cm以内に切断し、重ねる場合は高さ60cm以内にして、ひもで縛る。

 ※布団は、焼却施設の構造上、切断が必要となります。ただし、羽毛布団は切断せず「布団」の収集日に出してください。 

 ※指定サイズにまとめることが困難な場合は、搬入前にご相談ください。 

○「布団」の収集日について

 5月から11月までの間は、月に1回、「布団」の表示がある燃えるごみの日に、布団を切らずに出すことができます。

 1枚ずつ折りたたみ、ひもで十文字に縛って、名前を表示して出してください。

 ただし、1回につき1世帯あたり2枚までとします。

○沢内清掃センターについて

 5月から11月までの期間、毎週月曜日(祝祭日を除く)、午後1時から3時まで、持ち込みを受け付けています。

 ※搬入前に必ず沢内清掃センターに電話連絡をしてください(電話 0197-85-3122)。

 なお、直接搬入の場合でも、以下のとおり通常のステーション収集と同様の分別を行ってください。

・指定ごみ袋に入るものは、必ず袋に入れてください。

・粗大ごみは、ステーション収集と同じ大きさにしてください。(まとめることが困難な場合は、搬入前にご相談ください)

・燃えるごみ・燃えないごみを確実に分類してください。電気カーペット、ソファーなどの分類できないものは受け入れできませんので処理業者に依頼してください。

 ※沢内清掃センターでは、事業者から発生するごみは、燃えるごみ・燃えないごみともに受け入れしていません。

○岩手中部クリーンセンターへの直接搬入について

 岩手中部クリーンセンターでは、燃えるごみの直接搬入を受け入れしています。

 (日曜日と12月31日から翌年1月2日を除く 午前8時30分から午後5時まで)

 直接搬入は有料となります。(130円/10㎏、小動物に関しては、1,200円/1体(平成29年4月から)) 

 搬入するときは、町の指定ごみ袋に入れて出してください。粗大ごみは、直接投入寸法80cm×60cm×60cm以内となるようご協力をお願いします。

 ただし、受入可能最大寸法180cm×100cm×60cm以内であればクリーンセンターの破砕機で処理できますので、そのまま持ち込みができます。

 ※時間帯によっては待ち時間が発生する場合があります。

○引越しなどで発生する大量のごみは?

 引越しなどで一時的に大量に出るごみは、小分けにして収集日に出す場合を除き、ステーション収集及び沢内清掃センターでは受け入れできません。

 燃えるごみは岩手中部クリーンセンターに直接搬入するか、処理業者に依頼してください。(岩手中部クリーンセンターに搬入する場合は事前に確認が必要です。指定袋に入るものは袋に入れて、粗大ごみは受入可能最大寸法内にしてください)

 燃えないごみは処理業者に依頼してください。

・布団や畳は、岩手中部クリーンセンターに直接搬入ができます。(1回当たり 布団と畳 合計で20枚まで)

・大量の剪定木、草、落ち葉等は、岩手中部クリーンセンターに直接搬入してください。(1回当たり軽トラック1台程度)

・家のリフォームや解体にともなうものは、収集も持ち込みもできません。処理業者に依頼してください。 

○資源ごみに関して 

・ダンボールや新聞、雑誌などの紙類を縛る際は、紙製のひもを使ってください。

・菓子箱やティッシュの箱は、ダンボールと一緒にしないでください。

・ペットボトル、ビンはキャップを外し、軽くすすいでください。

・ペットボトルはキャップとラベルをはずしてください。→キャップとラベルは資源ごみ「プラスチック容器包装」として、ペットボトル本体は資源ごみ「PET」へ出してください。 

 

○古いごみ袋は使える?

 指定ごみ袋は「西和賀町指定ごみ袋」が販売されていますが、古いもの(旧湯田町・旧沢内村の指定ごみ袋)もそのまま使用できます。

 

 ごみは収集日の朝8時までに出してください。

 ごみは、しっかりと分別をして再資源化に取り組みましょう。

 

ごみ収集カレンダーと「西和賀町ごみ百科」

  <ごみ収集カレンダーがダウンロードできます> 

    平成30年度版ごみ収集カレンダー(川尻・大野方面版) [1822KB pdfファイル] 

    平成30年度版ごみ収集カレンダー(湯本・貝沢方面版) [1822KB pdfファイル]  

  <ごみの正しい分け方・出し方『西和賀町ごみ百科』のダウンロードはこちら

    ごみの正しい分け方・出し方『西和賀町ごみ百科』 [7609KB pdfファイル] 

 ※「ごみ収集カレンダー」「ごみの正しい分け方・出し方」はPDF(ポータブルドキュメントファイル)形式で保存しています。閲覧するには「アドビリーダー」というソフトウェアが必要です。お持ちでない場合は、無料で配布していますので、ここをクリックしてインストールしてから閲覧してください(クリックするとアドビ社のホームページが新しく開きます)。

 

お問い合わせ先

西和賀町役場 町民課 電話 0197-85-2111

沢内清掃センター   電話 0197-85-3122(直接持ち込みは5月~11月までの毎週月曜日(祝祭日除く)午後1時~午後3時))

岩手中部クリーンセンター(岩手中部広域行政組合事務局)

 所在地 岩手県北上市和賀町後藤3-60 (後藤野工業団地付近)

           電話 0197-72-8286

 

事業系ごみの処分は、許可業者に依頼してください(有料)

 <許可業者>

 (有)西和賀衛生社 電話 0197-82-2346

 

し尿処理

し尿汲み取り手数料(料金)が次のとおり改正されました (平成29年4月1日から)

  改正前 汲み取り量10リットルにつき 63円(税込)

                 ↓

  改正後 汲み取り量10リットルにつき 65円(税込)

 

 

し尿の汲み取りは、委託業者へ直接お申し込みください (有料)

 

 <委託業者>

 (有)西和賀衛生社 電話 0197-82-2346