『自伐型林業』に取り組み、町の林業振興のパイオニアとなる隊員1名を募集します。

※林業分野以外の募集は近日中に掲載予定です。

※この公募は、平成31年度予算成立等を前提に募集の手続きを行うものです。

 

 

西和賀町のご紹介 (こちらをクリック!) 

〇 自伐型林業をご存知ですか?

日本の森林率は67%。先進国ではトップクラスで、世界全体でもかなり高い率です。しかし、木材自給率は34.8%(平成28年木材需給表)であり、林業算出額もピーク時の3分の1程度に減少しています。

岩手県と秋田県の境にあって総面積の約9割を森林が占めている西和賀町でも、林業を生業(なりわい)とする人はごくわずか。

この豊かな地域資源である森林を持続的に経営していく「自伐型林業」が今、注目を集めています。大型の機械を使わず、少人数で丈夫な作業道を作り、間伐し、木材を搬出する林業です。経験のなかった人が数年で一定の収益を上げる事例もあると聞きます。

〇 先輩隊員に続け!

西和賀町では、地域資源を活用し、町民の所得向上につなげるため、平成29年度から地域おこし協力隊員1名を受け入れ、自伐型林業のモデルケース作りに取り組んでいます。初年度は、岩手県が開講した「いわて林業アカデミー」で林業に関する知識や技術を習得してもらい、平成30年度から、この隊員を中心に町有林を活用し、地域の山造りを学びながら、自伐型林業を実践しています。そこで町では、彼と一緒にチームを組んで、西和賀町の自伐型林業に挑戦する地域おこし協力隊員を募集します。3年後の定住の際には、地域の山で自伐型林業を実践し、自立できるよう町がしっかりとサポートします。

来たれ、西和賀へ。町の林業振興のパイオニアとなろう。

※いわて林業アカデミー受講希望者は、岩手県林業技術センターが実施する選考試験の申請期間内に受験申請のうえ受験いただき、合格された場合に1年間派遣します。

 いわて林業アカデミーや選考試験の詳細につきましては、岩手県林業技術センターのホームページをご覧いただくか、「いわて林業アカデミー」で検索して下さい。 

 

   1 活動内容

    ・自伐型林業の実践、普及、推進

    ・町が行う森林・林業に関わるイベント等の支援 など

   2 年齢 20歳以上50歳以下(いわて林業アカデミー受講希望者は40歳以下)

   3 性別 不問

   4 経験 不問 ただし、林業の知識や技術を習得する意欲のある方

   5 募集人員 1名 

 

2.応募条件(共通)

  次の条件をすべて満たす方とします。

  (1)申込時点で、3大都市圏または地方都市等(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市

     町村)に在住し、採用後に西和賀町に住民登録を移し、居住できる方

  (2)地域おこし協力隊としての活動期間終了後も西和賀町に定住しようとする意欲をもっている方

  (3)過疎地域の活性化に意欲があり、地域住民とともに積極的に活動ができる方

  (4)心身ともに健康で誠実に業務を行うことができる方

  (5)普通自動車免許を有している方

  (6)パソコン(ワード、エクセルなど)の一般的な操作ができる人

  (7)地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格条項に該当しない方

3.勤務場所

  西和賀町内

4.雇用形態

  西和賀町の非常勤特別職に準じた身分となります。

5.任  期

  委嘱の日から平成32年3月31日まで

  任期は業務・活動状況を勘案して1年ごとに更新し、最長3年(平成34年3月31日)まで延長が可能です。

 

6.応募手続等

  (1)受付期間 平成30年11月12日(月)~平成30年12月14日(金)必着

  (2)提出書類 履歴書(写真添付)

          住民票の抄本

          西和賀町地域おこし協力隊応募用紙

  (3)申し込み・お問い合わせ先

     〒029-5692 岩手県和賀郡西和賀町沢内字太田2地割81番地1西和賀町役場沢内庁舎

     林業振興課「地域おこし協力隊」担当

     電話0197-85-3410 FAX0197-85-2119

     E-mail:ringyou@town.nishiwaga.lg.jp

    地域おこし協力隊応募用紙 [60KB docファイル] 

    地域おこし協力隊応募用紙 [126KB pdfファイル] 

    地域おこし協力隊募集要項 [229KB pdfファイル] 

    地域おこし協力隊募集チラシ [201KB pdfファイル] 

 

        

関連サイト

いわて林業アカデミー

西和賀町地域おこし協力隊Facebook 

西和賀町の移住定住