秋になると、西和賀の人たちは冬支度に大忙し。畑の大根を掘り、1本1本ていねいに洗った後で、干したり、漬け込んだり、土の中に貯蔵したり。

 さまざまな西和賀の郷土料理の中でも、代表格として誰もが認めるのは”大根料理”ではないでしょうか。

 もちろん、”西わらび”をはじめとした山菜やキノコ、あるいは”ビスケットの天ぷら”など、自慢の”食”はたくさんありますが、長い間培われてきた技術から生み出される『一本漬け』、『凍み大根』などの大根料理は、西和賀人の魂に染み付いた味。

 ここでしか作れない、そしてここでしか味わえないものです。

 

「一本漬け」オーナー大募集

一本漬けオーナーちらし [2613KB pdfファイル] 

 

大根の「一本漬け」

寒干しの「凍み大根」