ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です
印刷 - 主な議会活動のお知らせ(平成27年4月から)

主な議会活動のお知らせ(平成27年4月から)

 ◆◆平成27年4月以降の事業◆◆

以前の記事はこちらをクリックしてください。

  →主な議会活動のお知らせ(平成23年8月から平成24年12月まで)

 

議会の主な事業を予定を含めてお知らせします。

なお、事業名は一部で省略している場合があります。

 

月日等 平成28年2月2日(木曜日) 

事業名

 「議会だより及び議会放送に関するアンケート調査」結果報告

主催:西和賀町広報編集常任委員会

事業内容ほか

 広報編集常任委員会(淀川豊広報編集常任委員長)では、皆さんから手にとって読んでいただける『議会だより』を目指し、アンケート調査を実施しました。

 お忙しい中、調査にご協力いただきありがとうございました。多くの意見や感想をいただき大変参考となりました。

 西和賀町議会だよりNo.45(平成29年2月1日号)では、抜粋して掲載しています。

全ての集計結果はこちらをご覧ください。

 

アンケート調査結果(議会だより掲載時点の集計).pdf [527KB pdfファイル] 

 

 

月日等 平成27年12月1日(火曜日)午前9時20分から 
場所 西和賀町立小中学校

事業名

 

 

学校地域公開日「学校訪問」

主催:西和賀町議会総務教民常任委員会

事業内容ほか

 西和賀町校長会(会長:白石健也湯田小学校長)が行っている「学校地域公開日」にあわせて学校訪問を行いました。この事業は、総務教民常任委員会の活動の一つとして毎年実施しているもので、今回は校内行事等と重なった湯田中学校を除く3つの町立小中学校を訪問しました。

 子どもたちの授業の様子を見学したり、学校との懇談会を行いましたが、懇談会ではそれぞれの学校で独自に取り組んでいることなどを説明いただき、各学校の状況を把握することができました。

 子どもたちの教育環境の向上を考えていくために、今後も継続して訪問することとしています。

絵や作文を披露する湯田小の子どもたち

~恥ずかしがらず堂々と・・~

 

月日等 平成27年11月30日(月曜日)午後2時45分から
場所 雫石町 盛岡セイコー工業株式会社 ほか

事業名

平成27年度西和賀町・雫石町両議会議員研修会               
主催:雫石町議会、西和賀町議会町政調査会

事業内容ほか

 雫石町・西和賀町両議会議員研修会は、平成24年度からスタートし、ことしで4年目を迎えました。ことしは雫石町を会場に、両議会議員と事務局職員あわせて32人が参加しました。

 研修では、雫石町にある盛岡セイコー工業株式会社を訪れ、世界に誇る高級腕時計の工房を見学しました。盛岡セイコーの担当の方から会社の概要を説明いただいたあと、工房では細かな部品を顕微鏡で組み立てる一流の職人技を拝見し、一同感動して工房を後にしました。

 その後、それぞれの議会の情報交換を行い、4回目の研修会を終了しました。

 来年度は、西和賀町を会場に相互に情報を交換し合い、交流を深めることにしています。

会社の概要を説明する盛岡セイコーの職員(中央奥)

 

月日等 平成27年10月29日(木曜日)午前9時30分から 
場所 西和賀町役場沢内庁舎3階 議員会議室

事業名

 宮城県仙南地方町村議会議長会・亘理地方町議会議長会視察研修受け入れ

主催:西和賀町議会事務局

事業内容ほか

 宮城県仙南地方町村議会議長会(蔵王町、七ヶ宿町、大河原町、村田町、柴田町、川崎町、丸森町の7議会で構成)および亘理地方町議会議長会(亘理町、山元町の2議会で構成)職員の視察研修受け入れを行いました。

 今回、当町議会を訪れたのは、仙南地方町村議長会の岡崎宣夫事務局長をはじめとする各町議会の事務局職員、総勢11人の皆さんで、議会改革の実態や通年議会制度に関すること、また議会広報誌の発行に関する研修を行いました。

 具体的には、議会基本条例の制定までの経過や、制定後の議員の活動状況、また広報誌編集の際の委員と事務局の役割などの質問に対して、当町議会事務局(内記忠事務局長)から答弁や説明を行ったほか、議会事務・事業の見直しや改善点、また議会活動に職員がどのように関わっているかなど、事務レベルでの意見交換をしました。

 

 

           

視察団からの質問に対して説明する当議会の内記事務局長(奥)

 

 

月日等 平成27年10月1日(木曜日)午前11時から 
場所 岩手県立西和賀高等学校

事業名

西和賀高等学校訪問

主催:西和賀町議会総務教民常任委員会

事業内容ほか

  去る10月1日、総務教民常任委員会(刈田敏委員長)主催で、西和賀高校(菅野慎

 一校長)が行っている「学校へ行こう週間」にあわせて学校訪問を実施しました。

  訪問は、議員4人及び議会事務局職員2人の計6人で行いました。

  町では、平成25年度に西和賀高校魅力化支援基金を創設し、教育環境の整備や地域

 の将来を担う人材育成などに取り組んでいますが、今回の学校訪問では、議会の総務

 教民常任委員会が中心となって西高の魅力化に向け、学校のさまざまな活動の取り組

 み状況の把握や、魅力化基金の活用について、校長先生ら3人の先生方と懇談しまし

 た。

 

西高の先生方と懇談する議員

 

月日等 平成27年7月31日(金曜日)午後3時30分から
場所 ブランニュー北上

事業名

平成27年度西和賀町・北上市両議会議員研修会               
主催:北上市議会、西和賀町議会町政調査会

事業内容ほか

 北上市・西和賀町両議会議員研修会は、北上地方の問題共有と相互の交流を深めるため、毎年1回行っています。ことしは北上市を会場に、両議会議員と事務局職員あわせて43人が参加しました。

 研修では、北上市役所消防防災課の金子幸弘係長らを講師として、HUG(避難所運営ゲーム)の体験を行いました。

 HUG(ハグ)とは、H:hinanzyo避難所、U:unei運営、G:gameゲームの頭文字をとり、「抱きしめる」を意味しているそうです。具体的には、避難してきた人たちを手ぎわよく誘導する方法や、さまざまな情報をいかに適切に避難者に伝えるか、また病気の人やペットがいた場合の対応のしかたなどを学びました。

 講師の金子防災係長は、HUGには「避難者をやさしく受け入れる」という気持ちが込められていると話していました。大変貴重な体験をすることができました。

 

 ※当議会では、北上駅までJR線を利用して研修会に参加しました。

 

 

月日等 平成27年7月7日(火曜日)14時30分から 
場所 平泉町役場ほか

事業名

平成27年度県南地区町議会議長会議員研修会

主催:県南地区町議会議長会

事業内容ほか

 毎年恒例となった県南地区の議員のみなさんと行っている議員研修会で、今年は平泉町を会場に行いました。

 研修会では、「古都ひらいずみガイドの会」の岩渕洋子事務局長から「ガイドから見た平泉」と題した講演がなされました。岩渕事務局長は「第一印象を大切に」を心がけている。これが「おもてなしの一歩につながる」と話し、議員らもうなづきながら聴講していました。

 

 

 

 

 ※県南地区町議会議長会は、西和賀町議会、平泉町議会、住田町議会、金ヶ崎町議会

 の4議会で組織しており、議員相互の研さんと資質向上のため、各種の研修会を行う

 ほか、情報交換を密にして町議会の運営を円滑に行うことにしています。 

 

   

 

 

月日等 平成27年4月1日(水曜日) 
場所

事業名

平成27年度の定期人事異動

事業内容ほか

 4月1日、平成27年度の定期人事異動等の辞令交付が行われました。

 議会事務局分の異動は、これまでの深澤千里局長は税務会計課に、4月から内記忠(前税務会計課長兼会計管理者)を新局長として受け入れました。このほかの事務職員の異動はありませんでした。

   

  

   

   印刷 - 主な議会活動のお知らせ(平成27年4月から)  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

西和賀町役場

湯田庁舎 〒029-5512 岩手県和賀郡西和賀町川尻40地割40番地71    電話番号 0197-82-2111(代表) FAX番号 0197-82-3111

沢内庁舎 029-5692 岩手県和賀郡西和賀町沢内字太田2地割81番地1 電話番号 0197-85-2111(代表) FAX番号 0197-85-2119 

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる