西和賀エコミュージアム地元学

地元学とは?

 地元学は学問ではありません。地域にある文化や資源を見直し、個性のある地域づくりを持続的に取り組んでいくことです。地域の皆さんが主体となって、歴史や風土、生活習慣の基本的な単位となる地元で新たな再発見をしていきます。
 地元学の実践は、何も難しくはありません。地元の方々が楽しみながら地域を再発見していければ良いのです。
 このような地元学への取り組みの動きは、1990年頃から全国各地で始まり、県内各地でも取り組まれています。西和賀町では、平成12年から取り組みを始め、下記の地区で行われています。

地元学の方法

歩いて探す
 歩くことで、小さな発見があります。まずは、歩くことです。

見て
 地元学では、地域の名所、史跡、豊かな自然環境などから地域の宝物を探す「お宝探し(あるものさがし)」を行います。

聞いて
 
分からないことは、地元のお年寄りやその道の先人達から聞くことが大切です。記録する見たり、聞いたりしたこと、お宝探しで見つけたものなどを記録し、地図を作成し、リストアップしていきます。

考える
 今まで調べたことをみんなで話しあい、そして色々な課題について考えていくことが必要です。

 

西和賀町の地元学の取り組み状況

地 区 名 開       催       日 参加者数
長瀬野地区 平成12年7月26、27日 参加者約50人?
左草地区 平成13年6月16日
平成13年9月8日 
43人
28人
下前地区 平成13年6月17日 
平成13年9月9日 
47人
33人
湯川地区 平成14年9月8日 42人
本屋敷、草井沢、耳取地区 平成14年5月1日 
平成14年7月2日 
平成14年11月9日 
18人
12人
33人
川舟 安ヶ沢地区 平成15年9月28日 27人
湯田地区 平成15年10月26日 34人
新田郷地区 平成16年9月18日 53人
越中畑小学校 平成16年10月12日 子ども16人、大人8人
川舟地区 平成16年10月24日 46人
大野地区 平成12年10月21、22日 
平成13年9月8日 
平成18年1月29日
39人
32人
35人
新町地区 平成18年7月2日、10月3日 66人
猿橋地区 平成18年8月20日、10月5日 55人
弁天地区 平成18年9月3日、20日 39人
泉沢地区 平成18年7月16日、10月18日
平成19年8月3日、9月4日、10月12日、11月7日、12月5日、平成20年1月27日
41人
77人
小繋沢地区 平成19年7月22日、8月31日、9月21日、11月3日、27日、12月26日、平成20年1月14日、27日
平成20年6月18日、23日、7月18日、10月3日、11月14日、16日、24日、12月21日、平成21年1月20日、3月5日

195人
約258人

若畑地区

平成16年10月31日
平成20年6月24日、7月9日、9月25日、10月8日、11月9日
平成21年6月12日、7月10日、8月18日、10月14日、11月15日、平成22年3月11日
平成22年4月19日、5月12日、9月8日、22日、10月19日、平成23年1月15日、24日、2月13日、21日、3月2日、10日
平成23年5月27日、6月16日、8月26日、9月12日、10月17日、11月13日

36人
約135人
約127人
約305人

約140人

湯之沢地区 平成21年7月18日、平成22年1月25日
平成22年7月26日、8月28日、10月1日、11月25日、12月9日、平成23年1月15日、2月26日
平成23年4月14日、5月31日、6月23日、7月21日、8月31日、11月14日、12月20日、平成24年1月25日、2月23日、3月28日
平成24年4月26日、6月6日、7月9日、14日、8月21日、9月19日
28人
約169人
約251人

約128人