新型コロナウイルス感染症に関する情報について

更新日:2020年09月02日

新型コロナウイルス感染症に関する情報

町民の皆様へのお知らせ

●町民の皆様へ(令和2年9月1日)

西和賀町長メッセージ 9.1(PDFファイル:86.3KB)

●令和2年9月1日 広報西和賀「お知らせ版」臨時号 9.1発行

広報西和賀「お知らせ」臨時号9.1発行(PDFファイル:382KB)

●LINEを活用した「もしサポ岩手」の利用について

もしもの時のサポートサービス「もしサポ岩手」(PDFファイル:288.7KB)

もしサポリーフレット(PDFファイル:213KB)

●「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

熱中症予防行動(PDFファイル:559.3KB)

 

西和賀町新型コロナウイルス感染症対策本部を廃止し幹事会に移行ました

新型コロナウイルスの国内での感染症の拡大に伴い、令和2年4月7日付けで新型インフルエンザ等特別措置法第32条第1項に基づく「緊急事態宣言」が発令され、町では対策本部を設置し、新型コロナウイルス感染症予防対策を協議してまいりましたが、5月25日に同法第32条第5項に基づく「緊急事態解除宣言」が発令されたことに伴い、5月26日付け対策本部を廃止し、同日付けで対策幹事会に移行いたしました。引き続き、感染症関連の情報を提供してまいります。感染症予防対策について町民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 

これまでの対応状況について

対策本部会議では、「感染予防対策の徹底」の周知、公共施設等の利用制限、イベントや各種会議等の開催自粛のお願い、小・中学校、保育所(園)等の対応などについて協議を行いました。

●町民の皆様へ(令和2年8月6日)

西和賀町長メッセージ(PDFファイル:89.5KB)

●令和2年8月3日 広報西和賀「お知らせ版」臨時号 8.3発行

広報西和賀「お知らせ」臨時号 8.3発行(PDFファイル:434KB)

●令和2年7月1日 広報西和賀「お知らせ版」臨時号 7.1発行

広報西和賀「お知らせ」臨時号 7.1発行(PDFファイル:485.3KB)

●令和2年5月20日 西和賀町新型コロナウイルス感染症対策本部第4回会議

感染症対策本部第4回会議次第(PDF:167.3KB)

広報西和賀「お知らせ版」臨時号 6.1発行(PDF:547.5KB)

●令和2年5月11日 西和賀町新型コロナウイルス感染症対策本部第3回会議

感染症対策本部第3回会議次第(PDF:311.6KB)

広報西和賀「お知らせ版」臨時号 5.15発行(PDF:517.8KB)

●令和2年4月27日 西和賀町新型コロナウイルス感染症対策本部第2回会議

感染症対策本部第2回会議次第(PDF:48.6KB)

広報西和賀「お知らせ版」臨時号 5.1発行(PDF:564.3KB)

●令和2年4月8日 西和賀町新型コロナウイルス感染症対策本部第1回会議

感染症対策本部第1回会議次第(PDF:178.7KB)

広報西和賀「お知らせ版」臨時号 4.15発行(PDF:890.4KB)

●令和2年4月1日 第4回西和賀町新型コロナウイルス感染症対策幹事会会議

【新型コロナウイルス感染症対策について】(PDF:642.3KB)

●令和2年3月23日 第3回西和賀町新型コロナウイルス感染症対策幹事会会議

●令和2年3月9日 第2回西和賀町新型コロナウイルス感染症対策幹事会会議

【新型コロナウイルスを防ぐには】第2報(PDF:533.4KB)「お知らせ」新型

●令和2年2月28日 第1回西和賀町新型コロナウイルス感染症対策幹事会会議

広報西和賀「お知らせ」臨時号 3.1発行(PDF:66.5KB)

【新型コロナウイルスを防ぐには】第1報(PDF:66.5KB)

 

令和元年12月より、中華人民共和国湖北省武漢市を中心に、新型コロナウイルスに関連する肺炎患者が急増し、国内でも感染が広がっています。4月12日時点、岩手県内に感染者は発生していませんが、東北地方での発生例も増えてきました。あらためて感染を防ぎ、感染の拡大を防止するためには、予防策をより一層徹底することが必要です。

 

新型コロナウイルス感染症とは

  • 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴えることが多いことが特徴です。
  • 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザより重症化するリスクが高いと考えられます。特にも高齢の方や基礎疾患(高血圧症、糖尿病など)のある方は重症化しやすい可能性があります。
  • 新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。また、閉鎖した空間、近距離での多人数の会話などには注意が必要です。
    飛沫感染と接触感染
    飛沫感染

    感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他人がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

    接触感染

    感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付着します。他人がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

 

日常生活で気を付けること

  • 手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前やトイレの前後にこまめに石鹸やアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
  • 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他人に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
  • 「換気が悪く(密閉)」「人が密に集まって過ごすような空間で(密集)」「不特定多数の人が接触するおそれのある場所(密接)」で集団感染の発生が見られています。このような場所をできる限り避けるよう心がけてください。

正しい手洗い方法(外部リンク)

正しいマスクのつけ方(外部リンク)

やってみよう!新型コロナウイルス感染症対策 みんなでできること(外部リンク)

  • 高齢の方、持病のある方はできるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。
  • 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。また、毎日体温を測定して記録してください。

 こんな方はご注意ください

  • 次の症状のある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
  1. 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  2. 重症化しやすい方(注意)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (注意)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  3. 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

◎岩手県「帰国者・接触者相談センター」(コールセンター)

コールセンター 019-651-3175 24時間対応(全日、土日祝含む)

※相談受付窓口はコールセンターに一本化されています。新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる患者情報は、コールセンターから患者がお住いの保健所に提供され、当該保健所が対応します。

聴覚に障害のある方、電話での相談が難しい方は、ファクス 019-626-0837 でも受付をしています。

国や県の関連サイト  

          岩手県新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課(保健)

沢内庁舎
〒029-5692
岩手県和賀郡西和賀町沢内字太田2地割81番地1
電話番号:0197-85-3411
メールでのお問い合わせはこちら