新生活を応援!結婚新生活支援補助金のお知らせ

更新日:2021年06月16日

令和3年度 西和賀町結婚新生活支援事業補助金

町では、経済的理由で結婚に踏み出せない世帯を対象に、婚姻に伴う新生活に係る支援を行うことにより、地域における少子化対策の強化に資すること目的として、新規に婚姻した世帯に対して、住居費および引っ越し費用の一部を、西和賀町結婚新生活支援事業補助金として交付します。

詳しくは下記補助金概要をご覧ください。

用語の意義


〇新婚世帯

令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間(以下対象期間)に婚姻届を提出し、受理された夫婦

〇住居費

対象期間に、婚姻を機に町内で新たに物件を購入し、または賃借する契約に関する費用のうち、物件の購入費、賃料、敷金、礼金(保証金等これに類する費用を含む。)、共益費および仲介手数料(生活保護法(昭和25年法律第144号)第11条第1項第3号の住宅扶助その他の公的制度による家賃補助を受けている場合にあってはその全額、賃料について勤務先から住宅手当が支給されている場合にあっては住宅手当分に相当する額を除く。)をいう。

〇引越費用

対象期間に、婚姻を機に市内に引越しをする際に要した費用のうち、引越業者または運送業者へ支払った費用をいう。

〇貸与型奨学金

学生の修学や生活のために貸与された資金をいう。

対象世帯


対象の新婚世帯は、次の項目のいずれにも該当する世帯です。

  1. 対象期間において、町内に居住し、転入または転居の届出をしていること
  2. 夫婦共に婚姻日における年齢が満39歳以下であること。
  3. 所得証明書をもとに、令和2年分の夫婦の合計所得金額を合算した金額が400万円未満の世帯。
  4. 婚姻を機に夫婦の双方または一方が離職した場合、離職した方については、所得なしとして、所得を算出した金額が400万円未満の世帯。ただし、申請日において無職の場合に限る
  5. 過去に新婚生活支援事業補助金の交付を受けたことがないこと(他市町村含む)
  6. 申請時点において町税、使用料等の滞納がないこと

その他の要件

  1. 岩手県が実施する「結婚新生活スタートアップセミナー」の受講が必須となります。(セミナーは、集合形式及びオンライン形式で実施されます。)

開催日時はいきいき岩手結婚サポートセンターホームページから確認できます。

セミナーに関するお問い合わせ先

いきいき岩手結婚サポートセンター 電話 019-601-9955

URL http://nls.ikiiki-iwate.com/

補助金額


住居費と引っ越し費用に要した金額(1世帯当たり30万円を上限する。1,000円未満切り捨て)

ただし、婚姻届けが受理された日における年齢が夫婦共に29歳以下の場合、1世帯当たり60万円を上限とする。

 

申請期間


令和3年7月1日から令和4年3月31日

必要書類


次の書類を申請期間内に提出してください。

  1. 西和賀町結婚新生活支援事業補助金交付申請書(様式1号)
  2. 婚姻後の戸籍謄本(全部事項証明)
  3. 夫婦の所得証明書
  4. 夫婦の納税証明書
  5. 物件の売買契約書および請負契約書の写し(住居費における購入の場合)
  6. 物件の賃貸借契約書の写し(住居費における賃借の場合)
  7. 住宅手当支給証明書(住居費における賃借の場合)
  8. 住居費の領収書の写し
  9. 引越しに係る領収書の写し(引越費用の場合)
  10. 貸与型奨学金を返済したことがわかるもの(令和2年に貸与型奨学金の返済を行った場合)
  11. 収入等現況証明書(離職し、または転職した場合)
  12. 無職・無収入申立書兼誓約書(婚姻を機に離職した場合)
  13. 「結婚新生活スタートアップセミナー」の受講証明書

※補助を受ける内容によって提出する書類が異なりますので、事前にお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

ふるさと振興課

湯田庁舎
〒029-5512
岩手県和賀郡西和賀町川尻40地割40番地71
電話番号:0197-82-3285
メールでのお問い合わせはこちら